@sustny note

忘れっぽさを補うためのメモ

ひだまり一挙放送!!!

4年来のひだまらーとしては見ない選択肢は無かった.

…といいつつ,放送開始時は電車に乗っておりツイッターで開始を知った.

というわけで,日比谷線乗車中に気づいたため広尾駅あたりから見始めた.広尾から北千住まで終始ニヤニヤしてたとい思います.便利な時代になったものですなー.

ひだまりスケッチはいいよね.楽しい学校生活と楽しい一人暮らしを垣間見ることができて,なんというか…自分の高校生活ではなかったものを埋めているというか…アア…

あ,それぞれのキャラクターの部屋のセンスとか見るのも好きです.お前らのPC机周り晒せスレとか見るの好きなので,きっとそれに通じるものをひだまりでも感じているんだと思う.

料理する気にさせる効果もあるからいいよなーって思う.今日もちゃんとご飯炊いてみそ汁作るぐらいの自炊はした.惣菜はスーパーで買いました…

また,私の中でひだまりスケッチ精神安定剤的な役割もあるんですよ.いい方向に展開しないと感じるコンテンツは,精神的に不安定な時に見るとマイナスに働くんだけど,ひだまりは展開に不安感がないので安心して見られますね.そういうものをつまらないと言う人は多いかもしれんが,それはきっと精神的に追い詰められていない良い証拠なのではないでしょうか.


1期は原作を基礎に構成や展開はオリジナルで作られているのがよい.3,4期はほぼ原作そのままをアニメにした印象が強くて,まあそれはそれでいいしむしろ3,4期の方がそのおかげかスピード感があっていいんだけども.

それにしても,第1話の思いついたことをポンポン話していく感じとか,第5話のゆのっちが風邪で壊れた時に見ていた夢の一貫性のなさ・現実感がない内容とかが妙に経験がある気がして,これこそが真の日常系であると積極的に主張していきたいんだよ私は.

まあそんなに日常系アニメ見たことないから比較しようがないけど.


日常系といえば,最近huluでゆるゆりをみているんだけど,こっちはやっぱり非日常感が強いですよね.基本的に現実ではありえない出来事があたかもありえることのように描かれていて,これは私の思う真の日常系とは違うなと.

そんな偏った持論はどうでもいいですね.寝ます.

明日も17時から,ひだまり2期の一挙放送があるのでみんな見てくれよな!