@sustny note

忘れっぽさを補うためのメモ

見たアニメまとめ

お久しぶりです.最後に書いた記事が夏真っ最中の炎天下だったのに対して,今はこたつでこれを書いている程度には寒くなってまいりました.

最近はといえば,相変わらず平日は仕事,休日は酒を飲みながらアニメを見る程度のことしかしていません. が,時間が無いなりにそれなりの本数を視聴してきたようで何を見たのか自分でも把握できなくなってきました.この辺でいったん見てきたアニメのまとめを書こうかなと思います.

最近見たアニメのまとめ

現在見ているアニメ(どこまで見たか)

途中で諦めたアニメ


各アニメ感想など

ラブライブ

面白かった点

なんといっても主な舞台が秋葉原周辺で身近だったところ.

などと書いておりますが,知っている場所が出るのは面白さを増強しますね. なんでそれが面白いのと言われるとなんでだろうと考えこんでしまうのですが,アニメに出てきた風景を確認しに行く聖地巡礼という楽しみ方もあるし,まあそういうもんなんだと思います.これ以上聞かないでくれ(切実)

あと僕は高校時代がクソだったという過去があるので,"楽しい高校生活"に一定の憧れがあります.以前から,けいおん! しかりひだまりスケッチしかり,内容いかんではなく主人公たちが楽しそうに高校生活を送っているさまを見ることで自分が本来送りたかった高校生活を補完でき満足感を得るというどうかしてる楽しみ方をしているようです. 逆に中学時代は楽しかったので,例えばゆるゆりを見ていて「いやいや中学生ってこんなに自由じゃないだろw」と思うわけです.中学生高校生の線引をアニメに対してそこまで厳密にしているのも謎ですね.

アイドルマスター

ラブライブを見た後にアイドルものと言えばやはりアイマスと思い視聴.大学時代の友人がアイマスPがおり,知識があったからわりと視聴ハードルは低かったですね.

面白かった点

こちらも(ラブライブよりは厳密さには欠けていましたが)主な舞台が都心近辺だったので似たような楽しみ方ができましたね.

でもそれ以上に内容にのめり込めたのはアイマスだった気がします.具体的には,

  1. 困難の大きさ(困難の解決により時間をかけている)
  2. 設定に現実味がある(スクールアイドルてなんだよ…)
  3. 登場キャラの豊富さ(ラブライブは9人・アイマスは13人)

あたりが主な理由かなあ.そもそも事前知識のあるなしは大きい気もしました.


いっぺんに書こうと思ったけど,結構な分量があるのでとりあえずここまで.ガルガンティア・シュタゲ.俺妹に関しては今後書きたいと思います.普段なら本当に書くかどうかは不明と書いているところですが,今回はちゃんと書ききりたいと思っていますゾ~.