@sustny note

忘れっぽさを補うためのメモ

マスト丼

現状登録しているMastodonインスタンス一覧。

ドメイン ユーザー名
mastodon.cloud @sustny
mstdn.jp @sustny
friends.nico @sustny

mastodon.tokyoも仮登録したが、認証メールが来ず本登録に至れていない。

何度も再送信リクエストするのもサーバに負担かけそうなので、まあそのうち。


Mastodonの特徴でもある「他インスタンスのユーザもフォローできる」点を考慮すれば、登録すべきインスタンスは1つでもいいかもしれない。

一方で、主に使っているインスタンスが爆散し他インスタンスに移ることになれば、移転先で自分が使いたいユーザ名が既に使われていることも考えられる。

それを考慮すれば、予め複数登録しておくのもいいかもしれない。が、最悪自分でインスタンス立てればいいだけでは、と思わないでもない。

今後のMastodonの動向が楽しみです。

mstdn.jp

話題のMastodonの日本サーバ、mstdn.jp登録しました。

誰か構ってください。

やはり俺の聖地巡礼はまちがっている。続

お疲れさまです。表題の件です。


2/27に1度巡礼しておりますが、再度実施いたしました。(1か月半ぶり2度目)

以下が今回実施分の記録です。

以下は前回の記録です。


今回も荒川サイクリングロードを利用いたしました。

個人的に「自転車の首都高」と呼んでいるほどに短時間で距離を進められる道ではあるのですが、今回は非常に向かい風が強く通常の1.5倍かかっての葛西着となりました。

葛西臨海公園駅前のニューデイズにて軽く昼食をとりました。葛西臨海公園は作中でも2期13話で登場しており、水族園にも実際にここ半年で2度ほど訪れております。観覧車は未乗車です。

今までいまいち葛西から舞浜方面へ抜ける道を分かっていなかったのですが、環七を超えてしまえば上に掲載した橋を渡ることができると判明いたしました。

浦安以降は、市川→船橋習志野千葉市美浜区という流れで道が続きます。体感的には市川・船橋が比較的長いように思います。

千葉市までの道中、1期6話で八幡・雪ノ下(・小町)が由比ヶ浜の誕生日プレゼントを買いに訪れたららぽーとTOKYO-BAYがあります。

そして千葉市到着。途中、1期で何度か登場した海浜幕張駅周辺や1期5話で登場したニューオータニも見ておりますが、写真は未撮影です。

上の写真は、2期6話以降に何度か登場するコミュニティセンターです。クリスマスイベントやバレンタインイベントを開催した場所となります。稲毛海岸駅から南へ徒歩5分程度の場所です。

また、作中で描かれている通り反対側にはセブンイレブンがあります。ベンチや灰皿があるため小休憩が可能です。(しました)

上が1期9話で八幡と由比ヶ浜が花火大会へ行くために待ち合わせをした稲毛海岸駅です。

また、反対側にはマリンピア(作中ではワリンピア・1期5話に登場)、5分程度歩くと先程のコミュニティセンター、さらに10分程度歩くと総武高校のモデルとなった高校があります。

上は2期OVAで八幡と一色が"デート"をした際に卓球をした場所です。千葉中央駅の西側にあります。作中同様、反対側には映画館があります。

先程の場所から徒歩30秒で、2期OVAで一色とデザートを食べたカフェ(写真上)があります。作中の時系列は「千葉駅前待ち合わせ→卓球(千葉中央)→なりたけ(千葉中央から北へ徒歩5分程度)→カフェ(再度千葉中央)」のはずですが、どうしてこのような移動になったのかは未だに不明です。

上は千葉駅東口の写真です。「花の都・ちば」は2期OVA冒頭で登場します。

また上は、2期OVAで一色との待ち合わせ、雪ノ下・由比ヶ浜との待ち合わせ、更に2期4話で葉山・折本・仲町と待ち合わせした場所です。前回(2/27)行った際は工事中で見ることができなかったため初めて見ることができました。

作品には登場しないですが、これは落花生です。

上は、1期9話で八幡と由比ヶ浜が花火大会へ行った際に通った道です。花火会場の最寄り「千葉みなと駅」から徒歩10分程度南下します。

ちなみに「花火の開始って7時半だよなあ。まだ時間あるみたいだけど、どうする? 帰る?」「帰らないし! なんでそんな自然に帰宅提案できるの?」というやりとりをここの交差点で信号待ちをした際にしています。

正直ここまで詳しく書くのはキモいなと思い始めました。

ポートタワーです。ちなみに花火大会の会場は、現在海浜幕張に場所を移して開催しているそうです。

場所を戻って再び稲毛海岸。高校近くの公園です。2期4話で八幡と由比ヶ浜が一緒に帰宅した時に目の前を通っています。由比ヶ浜の「好き……なの……」がかわいくて私は悶ました。

満を持して登場、総武高校です。作者の渡先生の出身校だとかなんとか。

さすがに校内を見ることはできないため、在校生からのご報告お待ちしております。

帰りに見た夕陽がきれいでした。

ここから徒歩2,3分ぐらいで、2期8話で八幡と平塚先生が缶コーヒーを飲みながら話をした美浜大橋があります。


以下にすべての写真を掲載しております。

goo.gl

俺ガイル自体は2014年に初めて見たらしい(過去ログ→視聴中アニメ - @sustny note)のですが、当時は放送時期的に恐らく1期のみ。

半年前ぐらいに改めて1期から2期までイッキ見してなぜかドハマりしてしまい、カウントはしていないですが通算の視聴回数は20回は超えていると思います。

奉仕部という部活の存在や、雪ノ下の高校生で1人暮らしという設定、戸塚の存在などフィクション感はあるにはありますが、それにしても私が今まで見てきたアニメの中ではダントツで現実味を帯びていると感じています。

また舞台となった地と実際の風景が正確に描写されていて、物語の流れに沿って位置関係も流れており、いわゆる"分かる人には分かる"感が楽しいのだと思います。

実際の地理に近ければ近いほど聖地を訪れた際の感動も増し、「登場したキャラクターたちが、実際ここにいるのかも」といった想像がはたらきより一層楽しめると思います。

グダグダ俺理論を展開しておりますが3行でまとめると、

  1. 俺ガイルほんとすき

  2. 作中の風景と実際の風景一致しすぎ

  3. 由比ヶ浜結衣ちゃんかわいすぎ

ってことです。

ちなみに、俺ガイルと言った方が通じやすいと思うのでそう書いてきましたが、個人的には"やはり"と略しております。"やはり"でググっても先頭に出てきます。オススメです。

今回の聖地巡礼は以上です。近場だと稲毛浅間神社にのみ行っていない気がするので機会があれば。

京都と高原千葉村は勘弁してください。

以上です。

MAXコーヒーパンの旅

お疲れさまです。

去年、MAXコーヒーパンが発売されたというニュースを見て以来ずっと行きたいと思っていたので食べてきた。

rocketnews24.com


早速本題からずれますが、JRに乗る前に永田町→赤坂見附の地獄の徒歩移動をしたのですが、ずいぶんきれいになっていて驚いた。

謎の位置情報。

Google Mapで座標してみたら確かにここっぽい。↓

https://www.google.com/maps/place/35°40'40.0"N+139°44'12.7"E

はてなブログだとうまくリンクと認識してくれないのでアクセスする方はコピペでたのむ。

さらに銀座線のレトロ車両、1039Fが登場。車内の写真も撮ったけど、乗客にモザイクかけるのとかめんどいので省略。

そんなこんなで旅の始まり、横須賀線新橋駅。初めて来たけど昭和の地下駅っぷりがすごい。

成田エクスプレスE259系がくるとこ。風圧とミュージックホーンドップラー効果がすごかった。

実際に乗ったのはこれ。E217系ってもう横須賀総武快速線でしか見られんのかな。

ボックス席は旅情がある。

さすがは快速、40分ぐらい乗ったらあっという間に千葉駅でした。

そしてあったぞMAXコーヒーパン!!! 1日限定100個だしお昼すぎてるから売り切れてるかもと思ったけど杞憂だった。

ちなみにカワシマパンは、千葉県内に複数店舗がある「マロンド」っていうパン屋さんが出店しているコッペパン専門店です。

今度はマロンドにも行ってみたい。都内にも浜松町にだけあるらしい。

千葉の駅ナカ新しくなってから初めて来たけどマジできれいになりましたね。

東京に戻ってきてからは、新宿で油そばを食べて帰りました。優勝。

帰りに箱根山で桜見物。完全にノーマークだったけどいい咲きっぷりだった。

全ての写真は以下。

goo.gl


MAXコーヒーパンもあるし都心からも近いし駅ナカきれいだし千葉県最高でした。

f:id:sustny:20170606234151j:plain

前々から作ろうと思っていたJREポイントカードを作ったらペリエバージョンだったので、千葉県にたくさんお金を落とすマンになろうと思います。

Flickr利用の廃止とGoogle Photoへの移行

おめでとう!

お疲れさまです。新年度あけましておめでとうございます。

今回は、最近Flickrの利用頻度が激落ちしているため、いっそ使うのをやめようという話。

各サービスに対する不満点

Flickr

  1. 日本語化されていない
    1. 普通に使う分にはギリ困ってない(英検準2級程度の英語力でもなんとかなる)
    2. でも登録情報の変更とか滅多にやらないことやる時に迷う
    3. そもそも米Yahooアカウントが必要になるとかめんどい・その点Tumblrは偉い
  2. アップロードがめんどい
  3. ジオタグ打つ時のマップがダサい

一方、はてな純正画像サービス「はてなfotolife」でもいいのでは? と言われると、そうでもない。

はてなfotolife

  1. はてなブログを移行した時に一緒に移行されないものが多数あった
    1. 記事を旧ブログから新ブログへインポートするだけで、新IDのfotolifeに「Hatena Blog Import」というフォルダ名で移行される
    2. ただ、私の場合なぜか移行された画像は2枚だけ(数十枚あったはずだが、そちらはなぜか旧IDに紐付いている)
    3. 旧ID削除後も全ての画像はブログ上で見られるが、新IDへ移行されているわけではなく所有権不明
    4. 移行方法に問題があった可能性はあるが、よくわからんことになった時点で使いたくないなとは思ってしまう
  2. UIが好みでない(よく言えばシンプル、率直に言えば質素)
    1. シンプルがいいのは最初だけで、操作に慣れきってしまえば多機能なGoogle Photoの方が個人的に都合がいい
    2. 2000年代前半の携帯サイトの雰囲気がある
  3. いずれサービス終了しそうな気配を感じる(野生の勘)

というわけで、2,3年前に「Googleに頼りすぎていてリスク管理的にもマズい。少しだけGoogle離れをしよう。」と決意し、メールやアドレス帳はOutlook.com、バックアップはGoogle DriveDropboxの併用、などと複数サービスを使い分けてきたが、結局Googleに戻ってきてしまうのであった。

複数サービスを使い分けて管理するのは正直しんどい。一元化したい。

Google Photoを使うメリット

  1. 写真自体が自動でアップロードされる
  2. アップロード後に必要な作業はアルバムとしてまとめることだけ
  3. ロケーション履歴から、位置情報がない写真にも自動で付与してくれる
  4. はてなブログと連携機能がある(アルバム作成以降はGoogleへアクセスする必要がない)

などなど、とにかく管理が楽。Flickrは手間が多かった。

仕事しながらだとどうしても趣味に割ける時間が少なくなる。やりたいこと(写真を公開する)のために必要な作業(写真を公開するために編集する、アップロードする、ブログへの記載用にリンクを取得する、など)は極力楽したい。

そして最も楽できるのがGoogleだった、という結論。

あくまで私個人の使い方による結論であり、異論反論抗議質問口答えは一切受け付けません! ゴメンなさいね!

以上です。このブログに写真タグを追加したので、過去ログにも写真多めの記事には付与していきます。(がんばります)

自転車走行記録 201703

月末だよ〜年度末だよ〜。

お疲れさまです。前回書いた憂鬱日記みたいに完結に書くのが楽だと気がついたので、今回からあの感じでいきます。でもあのテンションはもうごめんです。

近況

今日で昨年からやっていたWindowsサーバのリプレイス案件終了。

150台程度のリプレースという大規模な案件で勉強になることが多く大満足。

4月からの案件は未定だが月初に面談あり。さっさと決めて社外に出たい

本題

表題の件。今月の進捗報告。

  • 走行回数: 4回

  • 走行距離: 241.7km

  • 走行時間: 12時間6分

雑感

3月最初のライドでひざを痛め、回数少なめのまま今月終了。無念。

1月はシートクランプ破損、2月はパンク、3月はひざとトラブル多発。ちなみにひざはまだ痛い。

4月は暖かくなるだろうしたくさん乗るゾ〜。

また、荒サイ経由の葛西臨海公園往復だと2時間で60km程度走れることが分かったため、ここをホームコースとする。

Strava

Strava始めました。

  1. GPSログとるだけでiOSのヘルスケアに連携

  2. 他アプリからの記録もインポート可能(25MB以下の.tcx、.fit、.gpx形式に対応)

  3. 走った自転車ごとに走行距離表示可能

などなど、率直に言って優勝。

自分が走った区間と同じ区間を走った他ユーザの記録を見ることができ、ロードバイクやっぱはえーなって感じ。

荒サイで1番早いクロス乗り目指して頑張ります。

最近の状況について

給料が低い.

昨年10月に転職したものの,交通費を抜いた手取りが16,7万程度しかない.

転職先はいわゆるIT企業で,多少なりともコールセンターで得たネットワーク・PC関連の知識が考慮されるかと思っていたがされなかった模様.

コールセンター時代は手取りでも25万程度いただいていたので,だいぶ厳しい.

現在はWindowsサーバの構築と切替をする案件に3次受け? ぐらいの立場で客先常駐.客は官公庁.3末でpjtは終了.

残業がほぼないのがメリットだが,今は残業してでも20万以上の手取りが欲しい.

客である官公庁や一次請けのプロパーたちは,機密情報見放題(もちろん見ない約束にはなっている)のサーバをコンビニバイト並の給料しかもらっていない人間に任せられると判断しているのかという点に興味がある.

ちなみに4月以降の案件について営業に連絡をするものの,返事なし.

以下念のためメモ.3/8に営業と電話をした時点では「現状,常駐先に4月以降の件を確認したところ,"継続するかもしれないし,切るかもしれない"という曖昧な返事だった.並行して別案件を探していく方針である.」とのこと.

だが3/10に常駐先の部長に直接確認したところ,「2/25の時点で"3末で満了,4月以降は仕事なし"と回答済み.」とのこと.

その後すぐに営業へ電話をかけるも応答なし.3/13 23:07時点でも折り返しの連絡やメールはなし.


借金が多い.

無職時代が長引いてしまったため,親から60万程度借りただけでなく,情けないことに学生である彼女から10万程度,小学生の頃から付き合いのある友人から5万,借りたまま返せずにいる.

収入が少ない以上支出を減らすしかないが,毎月5,000円程度しか残せずにいる.

ほぼ毎日飲んでいたビールも辞め,飲み会も断り続け,週末も電車を使った移動はせず,どこかへ行っても金を使わず,それでも金が余らない.

次に削るならタバコだと思うが,本数自体は減らしている.ただ,喫煙所で先輩たちと話すのが楽しいので,あまり辞めたくない.4月以降の案件と常駐先のメンバーの喫煙率によっては辞められるかもしれない.

書いていて,自分への甘さと言い訳苦しさで嫌悪感を覚える.

ところで食事量を減らした結果なのか,自転車に乗る機会が増えたためかは定かではないが,転職後に12kg体重が落ちた.理由はともかく事実として受け止めている.


歯が4本欠損している.

大学時代から少しずつ欠けていき今に至る.歯医者へ行こうにもなかなか治療費を確保できず.

コールセンター時代になんとか通い始めたが,その後すぐ出社拒否状態になりそのまま治療中断.1か所も治すことができずに終わる.

ストレスなく歯を使って食事ができないが,そもそも低収入ゆえに食事量を減らしているため,現在は特段困っていない.

今は,どうせ病気になっても医者へ行けないのだから保険証を返上したいという気持ちが強い.


自宅の更新料を払える見込みがたたない.

昨年の無職期間の間に雀の涙ほどの貯金を使い切り,果ては借金を増やしてしまったため,今年5月に迫る自宅の更新料を払うだけの余力がない.

4月からの基本給が+10万円になればなんとかなるが,無理だと思う.

現在住んでいるところは,繁華街もほど近く交通の便も非常によいため,できれば引越したくはない.家賃も都外のワンルームと比べれば高いかもしれないが,それでも相場より2,3割低い穴場を見つけられたので長く住むつもりで借りている.

23区内に住み,常駐先までの交通費も郊外に住んでいる社員に比べたら安いはずなのに,住宅手当が一律1万円しか出ないのは些か納得がいかない.

最悪ホームレスになった場合の手続き(住民票の取扱,家具・家電の処分,行動拠点,職場への報告)をどうするかが目下の課題.


国民年金の最後通告がきている.

具体的には「特別催告状」という名前で年金事務所から封筒が届いた.

2015年3月,2016年4月,6月,7月,8月,9月の6か月分が未払いで,計96,550円の支払い用紙が同封されていた.

今日を生きるのに必死になっている中,30年以上も先の老後のため,もしくは不慮の事故に遭い障害を抱えてしまった時のため,という実感が湧かないことのために月収の半分以上もの金を請求されるのはとてもユニークだと思う.

払えない場合は平日9-17時の間に事務所へ来いと記載されていたため,どうにか時間を作って行く予定.


内面的なことに言及すると,現状をどう変えていくかを考えることができず,人を殺すのと自分が死ぬのではどちらが満足感が大きいかを考えることに思考が引きずられてしまっており,よくない.理性は人を殺したくはないし,死にたくもないと考えている.厨二病ではない.


大学時代からの貧乏生活により,ますます金こそすべてという考え方になりつつある.

もちろん金を持っていることだけが豊かな生活の条件ではないが,何をするにも金は必要だし,ないよりはあった方がいいとは多くの人が考えていると思う.

長らく趣味としていた管弦楽を継続できない一因は貧乏にあるし,ここ数年の趣味だったカメラも自転車も,本格的にやるには金がいる.

金をかけずに楽しむ方法を模索するというアプローチはあると思うし実際そうしているけれども,自転車のパンクを修理するのに10日間かけてお金を工面したという最近の個人的な出来事は,日本人の26歳が抱える問題にしてはあまりに小さすぎると思う.


近況報告にしては悪いことしか書いておらず,さながら不幸自慢のようになってしまったが,そういった意図で書いたわけではない.

本ブログのサブタイトルにもあるように,これは身の回りで起きたことやそれに伴って思考したことのメモである.いいことであれ悪いことであれ,その時その時の状況を記すことで今後何かに役立つかもしれないという期待を込めて書いている.

「過去は振り返らない」という考え方があるが,おそらく「(漠然と思い出してくよくよし,今後特に生かしていくつもりがないのであれば)過去は振り返らない(ほうがいい)」という文脈があるように思う.

ひとまず,数年後に笑いながら「あの時は大変だったけど,それを乗り越えて今があるんだな」と言いつつこの記事を振り返られることを願う.